借金一本化のためのレイク増額方法

現在の金額よりもさらに大きな金額を借りたいというのであれば、他社からの借り入れを増やすよりも現在使っているレイクで増額する方が可能性が高くなります。
またレイクの最高限度額は500万円までとなっていますので十分すぎるほどの金額になるでしょう。

レイク増額方法はいくつかあります。
例えば借金を一本化するための使い道です。
消費者金融と銀行の両面を併せ持つレイクになりますので、少額借り入れであれば金利は高いものの、大口になると金利は低くなってきます。
400万円から500万円の限度額ともなると金利は4.5%です。
これほどの限度額が適用されることは総量規制のある消費者金融ではまずできません。
銀行系となったレイクだからこその限度額であり金利となります。
複数の借金を持っているときにはレイクでまとめる方法はプラスになるでしょう。

現在の借り入れ先の金利が18.0%だった場合、レイクに借り換えをして金利が下がると返済総額が大きく減ることとなります。
返済総額が少なくなるというこの借金一本化の図式を、元金が減るのだと勘違いされがちではありますがそうではありません。
元金に加算される利息分を軽減することによって、結果返済総額を少なくするというものです。
そのためにはどうすればいいのかと言えば、「現在より金利の低いところに借り換える」ということ。
レイク以外にも借り入れがあるのであれば思い切ってレイクで増額し借金を一本化するのは悪い手段ではないはずです。